2016.9.27

卵アレルギーが食べたいスイーツ決定版!

卵アレルギー

 

子どものアレルギーの40%は卵アレルギー!


そしてこの卵アレルギーが一番、

ごはんをつくるママの悩みの種!

 

卵を使わない料理」は、なかなか大変ですが、そんな子どもでもおいしく食べられるスイーツを紹介!

そして贈答品としてもおすすめできるものは、記憶にとどめておきましょう~!

 

卵アレルギーって?

日本の3大アレルゲン

鶏卵、牛乳、小麦。

この3つの中で特に多いのが、

卵アレルギーです。

 

症状としては、

口や背中等のじんましん、湿疹、かゆみ。

 

のどの奥で違和感を感じたり、吐き気、下痢などを起こすことも。

 

ひどい場合には、「アナフィラキシーショック」といって、血圧低下や意識障害を起こしたり、呼吸困難になることもあります。

 

アレルギーの元が卵だと確定できたら、それを使わない料理に徹するしか、防止策はないわけです。

 

赤ちゃんのときのアレルギーは、

しばらく食べさせずに過ごし、

いつの間にか治る可能性も高いですが、残る場合もあります。

 

大人の方でも発症する場合もあります。

 

使わない料理をつくるのは悩みのたね。

とくに、洋菓子には、卵がかなりの確率でつかわれていて、卵なしのものは探すのが大変。

 

かきはちは、低カロリー、身体にやさしい、そんなお菓子を作っていますが、卵アレルギーの方にも最適なのです。

 

そんなかきはちのスイーツをご紹介しましょう~!

 

卵アレルギーの方におすすめの、「かきはちのスイーツ」!

 

かきはちでは、主力商品で卵を使っていないものがたくさんあります。

 

あずき黒蜜プリン

あずき黒蜜ぷりんきなこ舞

 

十勝産のあずきと大納言をちりばめ、薩摩のこだわり黒蜜をつかった、こだわりのあずきプリン。

和洋折衷の、自然な甘みが口に広がります。

 

こんな風に、丹波のきな粉を振りかけて、さらに薩摩のこだわりの黒蜜をかけてお召し上がれ!

あずき黒蜜ぷりんきなこ舞

ぜひぜひご賞味いただきたい逸品。

 

卵アレルギーの方でもこのプリンなら大丈夫。

卵、バター、牛乳、生クリーム、小麦粉、ゼラチンはつかってません。

 

身体に気を使われている方に贈りたい!

合成保存料など一切使っておらず、賞味期限が4日限定なので、

ぜひ、お店でおめしあがり、

もしくはテイクアウトで、お求めください。

 

かきはちの「とうふムース」

豆腐むーす

福岡県の極上豆乳と、吉野本葛を厳選した国産素材のみで作ったムース。

とってもからだにやさしいムースです。

 

保存料や防腐剤、着色料などの合成添加物を使っていないのはもちろん、牛乳・バター・生クリームや、卵、小麦粉をいっさいつかっていません。

 

アレルギーに気を使っている方はぜひ!

 

お見舞いにも最適な、

からだにごくごく優しいお菓子。

 

きめこまかい食感で、

ひんやり上品にいただけます。

 

また、低カロリースイーツの決定版!

 

ダイエット中の方もこれなら食べても大丈夫!

 

吉野本葛は 

くず湯やくずもち、くずきりでもつかう「葛」の老舗。

なんと、創業140余年だそうです。

上質なでんぷん質で低カロリー。こだわってこの吉野本葛をつかっています。

 

ただし、防腐剤等、身体に悪い保存料はいっさい使っていないので、賞味期限は5日。

お早目にお召し上がりください。

 

冷蔵便で配送もできますが、

関西~九州、沖縄に限らせていただいてます!


通販サイトはこちらから